2008年4月28日月曜日

Anime_Anime Expo_Otakun_Otaku


Anime world Japanese AnimeMangaが流行している。子供向け中心だったものが、教育上の問題も含め
今やAdult Animeのホビー化している。

Japanese AnimeManga,Gameが海外でも人気を得ており、Japaneseコンテンツのファンたちが集まる

Otaku Event”もAnime world で開かれている。Americaには「OTAKON」「ANIME EXPO」「New York COMIC CON」といった大規模なAnime Eventがあり、それぞれ数万人規模の参加者を集める。

Americaで人気のAnimeは、「Pokemon」「Sailor Moon」 「Yu-Gi-Oh」 「Inuyasha」など「Terrestrial television でも放送されたものが強い」。だが、放送されているシーンがJapanese Animeとまるで違う――というケースもあるようだ。

Americaのゴールデンタイムのtelevision Animeには、「Scene of violence はだめ」「主人公がピンチになるシーンはだめ」などといった厳しいAnime Regulations があるといい、Japanese Animeはそのままでは放送できない。「大きくカットされたり編集されたりしていて、Anime Story がつながっていないこともある」

 ゴールデンタイムに放送できないAnimeは、22時以降のAdult Anime専用で放送されている。Anime専用チャンネルでは現在、「Death Note」「Bleach」「Blood」「Crayon Shin」「Lupin III 」などが放映されている。

特に最近思うが、Online Animeの普及により、昔では子供が見れなかったものが簡単に見えてしまう時代である。ある程度の規制が入らなければ、Anime を中心とするJapanese Cultureの本質を海外の人々に伝えるのは難しくなるだろう。JapanびいきではなくJapanese Bashingになりかねない。

1 件のコメント:

/Robin/ さんのコメント...

Hi, you asked me if I would link to your blog, well I gave it a look and it seems nice so I'm linking to your blog.